旬な話題

元ももクロ有安杏果の彼氏は心療内科医!名前や顔画像と医院の場所は?

DyTJZ3OU0AAhAqb 1200x720 - 元ももクロ有安杏果の彼氏は心療内科医!名前や顔画像と医院の場所は?

元ももクロの有安杏果(ありやすももか)が数日前に結婚を前提としたお付き合いを一般の方としていると発表したことをご存知でしたか?

この交際相手の方は48才の心療内科医で有安杏果とは年の差25才です。

有安杏果の親御さんより年上の可能性もあります。

この交際相手の事知りたくないですか?

今回はこの心療内科医がどこで開業しているか、本名、顔写真などお伝えします。

有安杏果の報告

今回なぜこの交際がわかったかというと、有安杏果本人からのファンへの報告からでした。

個人事務所でこれからは活動していくこと、その個人事務所の代表が交際相手で、あることがまずわかります。

手書きで心のこもったメッセージだという印象を受けます。

どうやらいつもの帰り道でツーショット写真を撮られてしまったので記事になる前に自分で真剣交際していることを発表した事がわかります。

交際発表がある前は今年の活動内容は自己表現のように伝えていますが随分話が変わっているようです。

有安杏果は普通の女の子になっているので男性と交際していても問題はないです。

では、それに対して巷の声はどうでしょう。

賛否両論ですね。

ドライブの写真が噂のツーショット写真でしょうか。

ちょっと年上すぎて、事務所の代表になってるあたりが胡散臭い感じがするのでしょうか。

こんな年の差カップルの馴れ初めはなんだったのでしょうか。

有安杏果の交際の馴れ初め

有安杏果はももクロ時代、立ち位置の事で悩み、メンタルクリニックに相談にかよっていました。

そのときの医師が今の交際相手です。

互いに写真が趣味で、有安杏果は日大芸術学部の写真学科を卒業しています。

共通の趣味が二人を結びつけたのですね。

有安杏果のTwitterでは光を取り入れたきれいな写真が使われています。


この写真を撮ったのが交際相手ならば、そばにいる彼だから有安杏果の新しい魅力を見つけられたと言えます。

この辺りでこの交際相手の精神科医の名前や顔写真をご紹介します。

有安杏果の交際相手のプロフィール

名前:児島直樹(こじまなおき)

生年月日:1970年10月9日

年齢:48歳

出身:大阪府

所属:あんずクリニック院長

2003年(平成15年)

・東京医科大学医学部卒業

・田附興風会 医学研究所 北野病院 勤務

・大阪大学大学院医学系研究科
・精神医学教室入局

・大阪大学医学部附属病院 勤務

2005年(平成17年)

・国立精神・神経医療研究センター 勤務

あんずクリニック(英語名:Apricot Medical Clinic)開院
〒166-0011
東京都杉並区梅里1-7-15-3F

http://www.tubomi.co.jp/shinryo.html

平成15年では大阪を拠点としていますね。

白い巨塔のモデルとなった大学病院に勤め、大阪でも有数の大病院で勤務しています。

平成17年には東京に拠点を移しています。

やはり出身大学のそばで働く方が何かとやりやすいのでしょう。

あんずクリニックは精神科、心療内科、もの忘れ外来、内科、神経外来、うつ外来、産業医学外来と幅広い診療科目のクリニックです。

仕事はしっかりしている印象ですが、畑の違う芸能事務所の代表をしているのがイメージを悪くしてしまったのでしょうか。

また、児島直樹さん株式会社アプリコットの代表を勤めています。

このツイートにはやや悪意がありますが、読み取れることもあります。

株式会社アプリコットは数年前から存在していて、最初は医療コンサルティングを専門に行っていました。

このツイートが本当だとすると、

平成29年に「芸能コンサルティング」

平成30年に「変更音楽著作権管理」

平成31年に「写真家、歌手、作詞家、作曲家、演出家その他のアーティスト等の育成、マネジメント及びプロモート」

と、追加されている様子です。

有安杏果がももクロを脱退したのは平成30年の1月。

この登記が本当なら平成29年の前から交際していて、有安杏果がソロ活動をするために水面下で動いていたのではないかと推測してしまいます。

登記簿を見ていないので確証が持てないのが残念です。

まとめ

有安杏果の交際相手は随分年上で事務所の代表なので、何かと言われがちですがTwitterでの有安杏果の写真を見ると幸せそうです。

結婚を前提としたお付き合いをさしているので有安杏果の女性としての幸せにエールを送ってあげてはどうでしょうか。

年の差があってもなくても本人達が幸せなら暖かく見守りましょう。