旬な話題

塩谷歩波がの銭湯小杉湯の場所や料金と評判!こだわり理由と病気とは?

10dea56dffbba5af86f3638313b678e1 1280x720 - 塩谷歩波がの銭湯小杉湯の場所や料金と評判!こだわり理由と病気とは?

3月3日放送の情熱大陸に小杉湯の番頭兼イラストレーターの塩谷歩波(えんやほなみ)が出演するのをご存知ですか?

番頭兼イラストレーターとは異色の職業ですね。

今回はそんな塩谷歩波のイラスト紹介や小杉湯の場所なんかもご紹介します。

塩谷歩波のイラスト

2月21日に銭湯イラストをまとめた銭湯図解が発売されました。

銭湯図解は細かく書いてあるし、優しいタッチでじっくり見たい本ですね。

銭湯にも行きたくなりました。

巷の口コミでも好評です。

絵もうまいから他のイラストでも良さそうなのになぜ銭湯なのでしょうか。

塩谷歩波が銭湯にこだわる理由

塩谷歩波は元は大手の建築事務所に勤めていました。

しかし、激務に終われて休職してしまいます。

そのときお医者さんに勧められたのが銭湯です。

銭湯に通うと心身ともに回復して銭湯に対する見方が変わり、ここまで回復させてくれた銭湯に恩返ししたいと思うようになりました。

友達にTwitterで送っていたイラストを2016年11月からSNSで銭湯を図解にしたものとして投稿するとたちまち話題になります。

イラストが東京銭湯というメディアに取り上げられ、小杉湯三代目の平松さんの目に留まりました。

小杉湯のパンフレットの仕事を任されることになります。

その後一度は建築事務所に再就職しましたが、また体を壊してしまいました。

平松さんに相談したのちに、小杉湯の番頭兼イラストレーターとなりました。

塩谷歩波は家庭の延長だと思われがちの銭湯ですが、レジャーであり健康を守るものと話しています。

そんないきさつがあったのですね。

そんな塩谷歩波が番頭を勤める小杉湯の場所も気になりませんか。

小杉湯は場所と料金は?評判まとめ

営業時間:午後15時30分から深夜1時45分まで

住所:東京都杉並区高円寺北3-32-2

電話:03-3337-6198

定休日:毎週木曜日

入浴料金:大人460円、中人180円(小学生)、小人80円(幼児)

料金もリーズナブルなのでご家族や友達同士で楽しまれてはいかがでしょうか。

小杉湯は塩谷歩波のこだわりがつまっています。

注意書は文字だけではピリピリした感じになるのでイラストも必ず入れます。

もちろん番頭としてドリンクを用意したり、お風呂のお湯をためたりもします。

イラストレーターの仕事も番台でこなします。

大変そうですが、自分の銭湯を作れるので楽しそうですね。

小杉湯では銭湯図解を自由に読むこともできます。

小杉湯素敵な銭湯ですね。

銭湯の仕事が塩谷歩波にあっていることはわかりました。

しかし、才能あふれる塩谷歩波が退職しなければならないほどの病気とはなんだったのでしょう。

塩谷歩波の病気

その頃の病状をこのように語っています。

めまいがして、起き上がれない。

頑張って這い出ても頭がぼんやりして人の話が頭に入らない。

そして顔色は紫。

メニエール病か鬱病かと思いました。

病名は低血糖。

食事で改善するかと思っていましたが食事をあまりとっていなかったのでしょうか。

今は健康になったので本当に良かったです。

そんな小杉湯をプロデュースしている塩谷歩波のプロフィールはこちらです。

塩谷歩波のプロフィール

名前:塩谷歩波(えんや ほなみ)

生まれ年:1990年

出身:東京

血液型:A

勤務先:小杉湯(杉並区高円寺の銭湯)

絵を描くきっかけはインテリアコーディネーターの母親に習ったことがきっかけです。

このときの楽しい気持ちがきっかけで早稲田大学の建築学科に進みます。

頭もいいのですね。

大学院まで進学して建物の絵を描いていましたが、設計がまるでダメと言われて、自分は設計ではなく、建物の絵を描くことが好きなんだと気づきました。

そして、建物の絵をたくさん描く建築事務所に就職します。

そのあとは先程説明した通りです。

とにかく天職が見つかって良かったですね。

まとめ

塩谷歩波は番頭兼イラストレーターという異色の職業ですが、それを天職にした人です。

イラストの魅力や銭湯の面白さをもっと知りたい人は3月3日放送の情熱大陸をご覧ください。