2018年7月期ドラマ

グッドドクター韓国版とアメリカ版の主人公を徹底比較!日本版に期待?

good doctorlp - グッドドクター韓国版とアメリカ版の主人公を徹底比較!日本版に期待?

韓国版が原作のグッドドクターは日本でリメイクされて連ドラとして放送されていますが、どんな感想を持っていますか?

自閉症でサヴァン症候群の主人公が様々な困難に出会う中で、他人との関わりやコミュニケーションを学習し善意・悪意を受けながらも、医師として人間として成長していく姿を描いています。

実はアメリカ版もリメイクされており、韓国・アメリカ・日本と3作とも大まかな設定は同じですが、原作に忠実ということではなくそれぞれの国民性にあったリメイクとなっています。

日本版の放送はまだ序盤ですが、韓国版原作とアメリカ版を比較してどこが違うのでしょうか?

今回は

・韓国版とアメリカ版の主人公の違いを徹底比較!

・日本版の違いへの期待は?

・サプライズゲストもあり?

について調べてみました。

韓国版とアメリカ版の主人公の違い

good colea - グッドドクター韓国版とアメリカ版の主人公を徹底比較!日本版に期待?

原作のパク・シオン(チュオン)の演技は自閉症の特徴を出すために常に細かく動きます。

しかし決してストーリーの邪魔にならず、大きな身体が小さく見えるほどで自閉症を一括りに考えるのではなく、主人公の個性をしっかり出しています。

アメリカ版のショーン・マーフィー(フレディ・ハイモア)は自閉症の演技と言うより
サヴァン症候群を演じているのではと、チャーミングな天才を感じる演技です。

その他の違いをまとめてみました。

医師としての立場の違い

・韓国版シオンは研修医、アメリカ版ショーンは既に医師

サヴァン症候群で天才的な記憶力と空間的認知能力を持つところは同じなのですが
シオンは自閉症がネックとなり専門医国家試験で不合格となり臨床医としての研修で
適応能力が認められなければ医師になることができません。

その点ショーンは既に医師の資格をもっています。

これは原作が自閉症を重大な障害と捉えアメリカ版は個人の特性と捉えているからです。

コミュニケーション能力の不足により対人関係の構築が難しい自閉症を韓国版では障害と捉え、その障害を乗り越えていく姿を描いています。

それに対しアメリカ版では個人の特性と捉え、主人公の成長する過程と共に他の登場人物も各々の悩みや葛藤を通して人間として成長する姿を描いています。

専門科目が違う

・韓国版は小児外科、アメリカ版は外科

小児外科の患者は勿論子供ですので、登場する患者の症例と共に患者の背景にスポットが当てられています。

患者の親や祖母、生活環境など子供の病気の背景に何があるのかを掘り下げていくヒューマンドラマの色濃い作品です。

大人の童話と評される作品全体に流れるピュアな雰囲気は小児外科であればこそかも知れません。

アメリカ版は毎回非常に特異な症例で、生死に関わる切迫した状態の患者に真っ向から挑む姿を描いています。

結合双生児の分離手術や臓器移植などの監修もしっかりなされメディカルドラマとしても楽しめる作品です。

原作通りの小児科医では出せない、外科ならではの張り詰めた緊張感が味わえます。

恋人の存在の違い

韓国版は先輩女医のユンソ、アメリカ版では同じ立場のクレアかと思いきや
近くに住むリアシオンとユンソの間に育まれる愛は純粋で真剣です。

しかしショーンとリアの関係は少しコミカルでクレアとの関係も微妙です。

付き合って愛を育み家族の承認を経て結婚し初めて体を許すのが理想とされる韓国と恋愛=結婚ではなく体だけの関係でも二人がそれで楽しければいいと考えるアメリカ。

アジアには男尊女卑の考えが根強く残っているので、女性は優しく、思慮深く 控えめで、でも芯はしっかりしていて家を支え守る存在として描かれることが多い韓国と男女同権が当然のアメリカとの顕著に違うところです。

good america - グッドドクター韓国版とアメリカ版の主人公を徹底比較!日本版に期待?

院長との関係の違い

・韓国版は父親代わりのウソク院長、アメリカ版は友達のアーロン院長

どちらも主人公を実の息子のように愛し、育て、医師として引き上げていくとろは同じなのですが、原作は師と愛弟子との関係を、アメリカ版は対等の立場で友になりたいと願う姿を描いています。

根底に流れる愛は変わらないのですが、家族に重きを置く韓国と、個人を尊重するアメリカとの違いを感じます。

日本版の違いへの期待は?

以上を踏まえ さて日本版に期待することは

何と言っても山崎賢人さんがどう新堂湊を演じるかですね!

彼が今まで演じてきたキャラクターとは全く違う個性ある役柄なので大変な努力をしていると思います。

目の動きや身体の動きが気になってストーリーが入り難いという意見もあります。

しかし、それが自閉症に対する偏見や思い込みを表現していて、最初は特異な存在だったけれど、新堂湊の成長と共に自然に受け入れられる日が来るのであれば素晴らしいですね!

原作のシオンと父親との心のふれ合い、父親を恨みながら、恨んでいるからこそ死なないで欲しいと訴える場面。

そして父親が自分の法事の食事を気に掛けるシーン等にいかにも韓国らしい温かさを感じたので、それを日本らしく表現するとしたらどうなるのかと想像しています。

アメリカ版のケニーの存在は友達を装い、ショーンを騙すなんて許せないと思いました。

日本でも弱者を利用してお金儲けに走る人は山ほどいるのですから人間の汚い部分も描いて欲しいところです。

サプライズゲストもあり?

アメリカ版では自身が自閉症の俳優が登場します。

作品の根底にある「自閉症も一つの個性。本人の努力と周囲の理解があれば十分に社会生活に適応できる」というポリシーを強く感じたキャスティングでした。

日本版にもそんなサプライズがあればいいですね!

原作・アメリカ版が素晴らしかっただけに今後の展開が気になりますが、韓国で日本版の再リメイクが出るくらいの独自性のある作品になりますよう願っています。