NHK朝ドラ

半分、青いは北川悦吏子が悪目立ちし過ぎ?「死んで」問題発言の理由は?

hanbunaoi2 1197x720 - 半分、青いは北川悦吏子が悪目立ちし過ぎ?「死んで」問題発言の理由は?

視聴率20%以上が続く、NHKの連続TV小説「半分、青い。」について、脚本家・北川悦吏子のTwitterに関連して物議をかもしています。

「北川悦吏子が悪目立ちして、「半分、青い。」の評判を落としている」

「脚本家がドラマを私物化している」

という意見もあがるほどです。

同時に「半分、青い。は朝ドラらしくない」「朝から暴言、聞きたくない」という人もいます。

人気の朝ドラが一体どうしたというのでしょう。

脚本家の北川悦吏子はドラマのヒロイン・鈴愛のように「やってまった」のでしょうか。

そこで、

・「半分、青い」で問題発言アリといわれた理由
・「半分、青い」は脚本家に私物化されているか?

について調べてみました。

問題視された3つの原因は?

問題視された原因は3つにまとめられます。

・朝ドラで、まさかの「死んでくれ」発言がでた
・脚本家の北川悦吏子がTwitterで「神回」「ヤバい」などとつぶやいた。
・上記2つの相乗効果で「北川の私物化」発言まででた

何だかドロドロしてきましたね。

ただ一つ付け加えると、「半分、青い。」の視聴率は問題の8月初週も依然と変わらず、21%以上を維持しています。

ぐぐっと上がってもいないし、下がってもいません。

視聴者は意外に冷静なんですね。

それでは順番に、くわしく見てみましょう。

問題発言が出るまでの経緯は?

NHKの連続TV小説「半分、青い。」は、4月スタート。

8月頭の時点でおよそ7割終了したことになりますね。

では内容を見てみましょう。

・ヒロイン楡野鈴愛(永野芽郁)は岐阜出身、小学校の時に病気で左耳が突発性難聴となる
・幼なじみの萩尾律(佐藤健)とはとても親しい仲だったが、上京後離れ離れに
・漫画家を目指していたが、28歳で筆を折り、きっぱりあきらめる
・映画関係者くずれのダメンズ・森山涼次(間宮祥太朗)と電撃結婚し、花野という娘がいる

ざっとこんな感じです。

そしていよいよ8月第1週、涼次はなんと花野ちゃん5歳の誕生日の日に、突然「映画の世界に戻る、別れてくれ」と鈴愛に切り出すのです。

衝撃を受けた鈴愛は「いっそ死んでくれ、そしたら許してあげる、別れてあげるよ」と口走ってしまいます。

hanbunaoi1 - 半分、青いは北川悦吏子が悪目立ちし過ぎ?「死んで」問題発言の理由は?出典:https://woman.infoseek.co.jp/

怒涛の展開に対し、ネット上では、

「朝から『死んでくれ』はないだろ」「不適切すぎる」「それは反則ですよ」

と、盛り上がったわけです。

ただ、翌日以降の展開を追っていくと、先輩監督の家に転がり込んだ涼次に対し、鈴愛が、

「涼ちゃんに恋し続けている」「好きで好きで仕方ない」「帰ってきて」

と訴えるシーンがあります。

泣ける言葉です。

これを聞く限り、「死んで」というのも鈴愛の愛情たっぷりの暴言で、悪意ではないことがわかります。

ひどいダメ夫への言葉としては、容認できます。

北川悦吏子がTwitterで悪目立ちし過ぎ?

北川悦吏子のTwitterには15.3万人のフォロワーついており、影響力がスゴイです。

ただし、それが視聴率に関係しているかというと、そうでもないことは先ほどの通りです。

彼女のつぶやきで批判されているのは、

・視聴率を意識している
・「神回」発言について
・「律ロス」について(「律」の役者は佐藤健)

などです。

特に8月1日の前述の「死んでくれ」発言に合わせるように、「神回」「水木金ヤバい」などとつぶやいたことが、槍玉にあがりました。

ただ、北川悦吏子は実は割としょっちゅう「神回」とつぶやいているんです。

6月にも「神回は2回」と61話・73話をあげていて、さらに78話を追加していいます。

7月5日にも「今後も、神回、何度かあります。でも、もう、いちいち予告できなくなった」とつぶやいています。

これはもう、視聴率アップの効果を狙っているとは言えませんね。

単純に、熱烈なファンぶりに少しだけ「先どり」が入っているだけの様子です。

8月1日の発言も、その流れで、目立つ意図は全くなかったのでしょう。

以前「(佐藤健の他の)ドラマ見ますか?私は見ません!」と言って問題視されたのも、その一環でしょう。

8月初の神回発言では、キムラ緑の熱演についてファン目線で絶賛しています。

視聴率操作や注目を意図しているとは考えにくいです。

これで、悪目立ち、というのは深読みが過ぎるかもしれません。

北川悦吏子は「半分、青い。」を私物化?

「半分、青い。」は、「べっぴんさん」や「わろてんか」のように、明確なモデルのないドラマです。

脚本=原作ですから、北川自身の人生経験から、物語を左右して当たり前ですね。

それなら、説得力があって面白ければ、むしろ自分史的でもいいのではないでしょうか。

それに、ヒロイン鈴愛がまるまる北川悦吏子というわけではありません。

北川悦吏子自身もそうである左耳の失聴については鈴愛に、クリエイターとしての自由性を表現するのは涼次に、技術者の知人(北川悦吏子にとっては兄)という役は律に…というふうに、自分の体験をみんなに割り振るような形で、ドラマに採用しているのです。

また、娘の誕生日や名前を織り込んでいるという話もあります。

ご本人のお子さんは、ののかさんという名前です。誕生日は分かりませんがもう大学生。

ドラマの「花野(かの)ちゃん、12月23日生まれ」と似ているでしょうか。

ちなみに誕生日については、北川悦吏子自身が12月24日生まれ。

確かに若干似た要素を採用していますが、ずらしてあるようですし、批判するには値しないでしょう。

「(自分史に似ていて)朝から何を見せるんだ!」という意見もありましたが、問題ありません。

むしろ、私小説のような感じで盛り上がっているから、面白いんです。

ちなみに、脚本は最終回まで完成済みであることが、7月30日のTwitterでつぶやかれています。

ラストは確定している…気になって仕方ありません。

まとめ

まとめると、脚本家がどうあれ、「半分、青い。」の高評価は変わらない模様です。

そして、北川悦吏子は多少とも自分の人生を「半分、青い。」に織り込んでいます。

しかし、「原作本なしの脚本家」という点から考えると、罵倒するべきものとは言えないですね。

ただ、Twitterでの発言については、プロなのだから、多少は気をつけてもらいたいものです。

「半分、青い。」は9/29(土)が最終回の放送です。

展開が気になるあなたは区切りの良い今から見ても楽しめますよ!