NHK朝ドラ

半分、青い最終回はノベライズと違う?ネタバレですずめは再婚予想?

Dk30JQmUcAEUVej crop - 半分、青い最終回はノベライズと違う?ネタバレですずめは再婚予想?

NHK連続テレビ小説「半分、青い。」は最終話まで残すところ2割弱となってしまいました。

波乱万丈の人生を走っている主人公すずめですが、離婚という挫折を味わい、5歳の娘と岐阜の実家に戻り、五平餅にちなんだ新事業をがスタートするという状況です。

すずめの今を一言でいうと「不満はないけれど、不安はある」というところでしょうか。

実家に世話になっているので、衣食住の心配をしている様子はありませんが、明るい娘が父の不在をどう考えるか、悩んでいる暇もありません。

ましてやずっと独身で生き抜けるかなど、ちっとも考えていない30代後半女性です。

しかし常にバイタリティをもって行動しているので、いつも周りは応援せざるを得ない気持ちにさせられます。

その前向きな空気感を共有したくて毎日見ているわけですが、唯一気がかりなのが「すずめは幼馴染の律とくっつくのか」という謎です。

それでは、

■「半分、青い。」NHKによる終盤戦予告

■北川悦吏子のノベライズ本について

■「半分、青い。」大胆予想してみました

というふうに見ていきましょう。

「半分、青い。」NHKによる終盤戦予告

公式には今後のストーリーを明かしていないNHKですが…。

7/9に「新たな出演者発表!」のニュースが公式ホームページにアップされました。

4人の出演者と、2人のキーパーソンが紹介されています。

有田哲平(津曲正彦役…起業コンサルタント)

小西真奈美(加藤恵子役…個性的な起業家)

小関裕太(健人役…料理修行中のハーフ)

山田真歩(西園寺麗子役…ブッチャーの姉)
_____

劇中製品開発部分原案:寺尾玄(バルミューダ株式会社取締役社長)

ひとりメーカー考証:八木啓太
(ビーサイズ株式会社代表取締役・デザインエンジニア)

ここから読み取れることがいくつかあります。

・すずめは起業家になる

・個性的なモノづくりをする

・たぶん扇風機らしい

津曲正彦や加藤恵子との出会いが個性的な起業の予感を、考証役の人たちの紹介がニッチなおひとりさまメーカーの設立を予想させますね。

そしてバルミューダ株式会社の売れ筋といったら、自然の風を再現するという「The Green Fan」です。

ほかにもこだわりのトースターや空気清浄機も販売していますが、あとで挙げるノベライズ本の中身から見ても、すずめの起業は特殊な扇風機に決まりでしょう。

スズメ自身、冒険をいとわない性格。

五平餅のカフェの時にも、まず「社長になる」と叫んだわけですから、間違いないですね。

あとはいつ、だれといい仲になるか、あるいはならないか、という点です。

北川悦吏子のコメントに「イケメン祭りの締めが有田さん!」というようなことが述べられています。

まさか、すずめと正彦が…?!

すずめも2008年時点で37歳。ありかもしれません!

北川悦吏子のノベライズ本について(ネタバレ注意!)

habunnobe - 半分、青い最終回はノベライズと違う?ネタバレですずめは再婚予想?出典:https://www.amazon.co.jp/

「半分、青い。」は脚本家北川悦吏子のオリジナルです。

その本人作のノベライズ本が文庫上下完結(下巻は8/3発売)して出版されていますね。

下巻をネタバレしてしまうと…

・つくし食堂の2号店、センキチカフェがそこそこ当たる

・律は仕事で渡米。帰国後に東京ですずめと再会、起業

・すずめと律で特別な扇風機「マザー」を作成

・ユーコ、東日本大震災で死去

・律はすずめに雨の音が綺麗に聞こえる傘をプレゼント

というような、内容です。

ノベライズ本のエンディングは2011年頃の設定で、すずめと律は近い仕事上のパートナーですが、再婚には至りません。

キスしたりと、深い仲ではありますが「大事」にはならないんですね。

この下巻の読者からは、「もうドラマ見る気なくなった!」という叫びも出ています。

しかし、要注意。

ドラマは必ずしもその本通りのシナリオではないというのです。

NHKの広報担当者が「ノベライズはノベライズ、番組は番組」とコメントしたとのこと。

これは期待できます。再婚の線もありと予想します。

「ドラマ版ではすずめが2018年までに律と再婚して!」という、ファンの熱い要望が高まっています。

hanbunaoi2 320x180 - 半分、青い最終回はノベライズと違う?ネタバレですずめは再婚予想?
半分、青いは北川悦吏子が悪目立ちし過ぎ?「死んで」問題発言の理由は?視聴率20%以上が続く、NHKの連続TV小説「半分、青い。」について、脚本家・北川悦吏子のTwitterに関連して物議をかもしています。...

「半分、青い。」を大胆予想してみた

大胆予想をするのに、もう一つキーポイントがあります。

「朝ドラは時間の飛躍を恐れない!」ということです。

「半分、青い。」も気軽に9年、5年と飛躍するのが通常ルールになっている様子。

そうするとあと6週間もあるのに、2011年までの3年間を語るだけで、済むはずがありません。

それを踏まえて、今後を大胆予想してみました!

2011年まではノベライズ通りの流れで行く

津曲氏はあくまでアドバイザーどまり。

すずめと律は「いつまでも仕事と心のパートナーだ」という感じです。

再婚はギリギリでストップ!

実の父涼次の影を感じるかんちゃんを、すずめがほどよく放任する感じが予想されます。

2018年ごろ、かんちゃんが思春期に入ると、律が相手といえどもうかつに再婚できない流れですね。

花野が翼と結婚する未来まで行く!

2020年ごろ、かんちゃん改め花野がお年頃になった時、就職適齢期になった律の息子がものづくり会社を訪ねてくる、というのはどうでしょう?

律とフィーリングがバッチリな花野、きっと翼とも相性がいいに違いないですね。

幼なじみの恋は、子供の代で結ばれるのです!

まとめ

いかがでしょうか。

大胆に予想は立ててみましたが、結論は放送を待たないといけません。

何しろまだまだ起業家にも発明家にもなっていないすずめと律。

そして律の一家の行くえは、まだまだノベライズの範囲を出ていません。

より子さんが離婚なんかしないかも…!?

いよいよラストスパート。

9月末まで、気が休まりませんね!