スポーツ関連

出雲駅伝2018出場校や選手オーダー表と優勝予想!結果速報は?

photo 01 - 出雲駅伝2018出場校や選手オーダー表と優勝予想!結果速報は?

こんにちは。秋を迎え、いよいよ駅伝のシーズンも近づいてきました。

その中でも人気があるのが、大学駅伝です。

その中でもうすぐ大学3大駅伝の一つ、出雲駅伝が毎年体育の日にスタートします。

それでは2018年度の出雲駅伝について

・第30回2018出雲駅伝の出場校
・出雲駅伝参加の優勝候補有力校・出場選手オーダー
・出雲駅伝とはどんな大会?
・出雲駅伝のコース距離や特徴
・出雲駅伝優勝チーム予想と結果速報!

について紹介しましょう。

第30回2018出雲駅伝の出場校

photo 05 - 出雲駅伝2018出場校や選手オーダー表と優勝予想!結果速報は?出典:http://www.izumo-ekiden.jp/

北海道地区代表

・札幌学院大学(初出場)

・札幌国際大学(初出場)

東北地区代表

・東北学連選抜(30回目)

関東地区代表

関東地区の代表は全て2018年箱根駅伝の上位10校です。その中で更にシード校3校が含まれています。

・青山学院大学(9回目)シード校

・東洋大学  (19回目)

・早稲田大学 (26回目)

・日本体育大学(20回目)シード校

・東海大学  (20回目)シード校

・法政大学  (13回目)

・城西大学  (4回目)

・拓殖大学  (4回目)

・帝京大学  (8回目)

・中央学院大学(9回目)

北信越地区代表

・北信越学連選抜(30回目)

東海地区代表

・皇學館大學(初出場)

関西地区代表

・立命館大学 (16回目)

・京都産業大学(26回目)

・大阪経済大学(3回目)

中国・四国地区代表

・広島経済大学(17回目)

九州地区代表

・日本文理大学(13回目)

国外チーム

・アイビーリーグ選抜

アイビーリーグ選抜とはアメリカの名門私立大学に所属する有望な長距離選手を集めたチームのことです。

3大駅伝の中で唯一、出雲駅伝のみ国外チームの参加が認められています。

出雲駅伝参加の優勝候補有力校・出場選手オーダーは?

次に出雲駅伝参加優勝候補チームを4つ紹介します。

青山学院大学登録メンバー

梶谷瑠哉④ 5000m:13.55.69 10000m:28.43.76

橋爪大慧④ 5000m:13.37.75 10000m:28.56.06

森田歩希④ 5000m:13.54.18 10000m:28.44.62

生方敦也③ 5000m:13.59.61 10000m:29.24.73

鈴木塁人③ 5000m:13.53.20 10000m:28.31.66

竹石尚人③ 5000m:14.05.40 10000m:29.22.79

吉田圭太② 5000m:13.50.67 10000m:29.25.80

神林勇太② 5000m:13.59.14

箱根駅伝4連覇の実績は伊達ではなく、文字通り優勝候補筆頭です。

選手層も厚く誰が出場しても好成績を残せそうなメンバーばかりですね。

青山学院大学出場選手オーダー表

監督 1区 2区 3区 4区 5区 6区 補欠 補欠
青山学院大学 原 晋 橋詰 大慧
4年
鈴木 塁人
3年
森田 歩希
3年
田 圭太
2年
生方 敦也
3年
竹石 尚人
3年
梶谷 瑠哉
4年
神林 勇太
2年

東洋大学登録メンバー

小笹椋 ④ 5000m:14.15.23 10000m:29.12.05

山本修二④ 5000m:13.56.49 10000m:28.50.64

相澤晃 ③ 5000m:13.40.98 10000m:28.17.81

今西駿介③ 5000m:14.08.91 10000m:29.43.11

小室翼 ③ 5000m:14.14.37 10000m:30.18.46

定方駿 ③ 5000m:14.34.83 10000m:30.08.92

西山和弥② 5000m:13.46.95 10000m:28.35.72

吉川洋次② 5000m:14.15.73 10000m:29.17.89

3年生以下に有望な選手が揃っている東洋大学。

作戦次第では優勝奪還も十分可能でしょう。

東洋大学出場選手オーダー表

監督 1区 2区 3区 4区 5区 6区 補欠 補欠
東洋大学 酒井 俊幸 相澤 晃
3年
西山 和弥
2年
山本 修二
4年
小笹 椋
4年
今西 駿介
3年
川 洋次
2年
定方 駿
3年
大森 龍之介
2年

早稲田大学登録メンバー

清水歓太④ 5000m:14.08.97 10000m:29.24.33

小澤直人④ 5000m:14.13.22 10000m:29.40.88

西田稜 ④ 5000m:14.19.55 10000m:30.02.56

大田智樹③ 5000m:14.00.23 10000m:28.56.32

新迫志希③ 5000m:13.47.97 10000m:29.07.06

吉田匠 ② 5000m:14.17.53 10000m:30.00.68

千明龍之佑①5000m:14.03.27 10000m:30.06.42

中谷雄飛① 5000m:13.47.22 10000m:29.19.98

特に1年生に有望株が多い早稲田大学。

出雲駅伝でいい結果を残せば箱根駅伝での躍進も期待できるでしょう。

早稲田大学出場選手オーダー表

監督 1区 2区 3区 4区 5区 6区 補欠 補欠
早稲田大学 相楽 豊 半澤 黎斗
1年
小澤 直人
4年
中谷 雄飛
1年
新迫 志希
3年
太田 直希
1年
清水 歓太
4年
吉田 匠
2年
千明 龍之佑
1年

東海大学登録メンバー

湊谷春紀④ 5000m:13.53.48 10000m:28.41.77

湯澤舜 ④ 5000m:14.19.32 10000m:29.13.44

鬼塚翔太③ 5000m:13.38.58 10000m:28.17.52

郡司陽大③ 5000m:13.57.89 10000m:29.05.28

關颯人 ③ 5000m:13.35.81 10000m:28.23.37

館澤亨次③ 5000m:13.48.89 10000m:29.50.67

中島怜利③ 5000m:13.53.93 10000m:29.15.38

高田凛太郎③5000m:13.57.73 10000m:28.57.91

5000mでは全員13分台と短距離では青山学院大とも互角に戦える陣容。

あとは長距離で誰を起用するかが成績を左右するでしょう。

東海大学出場選手オーダー表

監督 1区 2区 3区 4区 5区 6区 補欠 補欠
東海大学 両角 速 西川 雄一朗
3年
館澤 亨次
3年
中島 怜利
3年
關 颯人
3年
郡司 陽大
3年
湯澤 舜
4年
湊谷 春紀
4年
髙田 凜太郎
3年

出雲駅伝とはどんな大会?

出雲駅伝は大学駅伝の中でも3本の部類に入るメジャー大会です。

3大駅伝とは11月第一日曜日に開催される全日本大学駅伝と正月の風物詩、箱根駅伝ですね。

出雲駅伝の特徴はコース距離が短いこと。

全長45.1kmとフルマラソンの距離と大差ありません。

よってフルマラソンの距離を6人で走るため、スピーディーな展開が多いのが特徴です。

そしてもう一つの大きな特徴は外国人枠がないことです。

全日本駅伝、箱根駅伝は外国人留学生2人登録で出場は1名という制限があります。

よって出場チームの中には外国人留学生を多数起用してあわよくば上位入賞をと目論む出場チームもあります。

そして出雲駅伝は地元で盛り上げようという機運が高いことです。

沿道の応援こそ箱根駅伝に比べれば少ないですが、何といっても山陰地方では数少ないビッグイベントですので地元のマスコミの取り上げ方はすごいものがあります。

出雲駅伝のコース距離や特徴

photo 02 - 出雲駅伝2018出場校や選手オーダー表と優勝予想!結果速報は?出典:http://www.izumo-ekiden.jp/

1区(8.0km)

出雲大社正面鳥居前からスタート。第一中継所は出雲市役所・JAしまね前です。

ポイントはアップダウンが続く浜山公園までの序盤です。

ここでいきなり仕掛けるのか、それとも牽制しあって最後までもつれるのか、見所の一つです。

2区(5.8km)

第二中継所は斐川直江。

コース途中に神立橋で斐伊川を通りますが、斐伊川はスサノオミコトのヤマタノオロチ退治伝説で有名なところです。

登りもなく距離も短いことからここはスピードランナーにとって腕の見せ所のコースです。

3区(8.5km)

第3区は6区に次いで距離が長いコース。第三中継所は平田中之島です。

長距離コースですので各チームはエース級を投入します。

しかし第3区は周辺が田畑ばかりの平坦コースですが、秋から冬にかけて強風が吹きやすい悪コンディションがレースを難しくしてくれます。

横風、向かい風が吹けばなおさらです。

4区(6.2km)

第4中継所は鳶巣コミュニティセンター前です。

選手側からみて右側は北山山系、左側は出雲平野を臨みながら走る平坦なコースです。

しかし残り終盤1kmはアップダウンが続くため、各ランナーにとって勝負どころとなります。

5区(6.4km)

第5中継所は島根ワイナリー。

島根ぶどうからつくられたワインの製造工程がみられる隠れた観光スポットとして知られています。

しかしランナーにとっては終始、波のようなアップダウンが続くやりにくいコースとなっています。

距離は短いけどペース配分を間違えるとレース終盤に大きく影響します。

しかも次は最終区。如何にエースに、たすきをつなげるか、駆け引きも見所です。

6区(10.2km)

ゴールは出雲ドーム。

アンカー対決もさることながら、ラストが最も長いコースを走ることから順位の入れ替わりが激しく、別名『逆転の6区』ともいわれています。

レース次第では一気にゴボウ抜きにて優勝というアップセットがみられるかもしれません。

実際、1996年第8回大会では早稲田大学が9位から脅威の追い上げをみせ、タイム差2秒で逆転優勝という劇的な幕切れもありました。

出雲駅伝優勝チーム予想と結果速報!

いかがでしょうか? 今回は2018年出雲駅伝について紹介しました。

優勝争いはやはり箱根駅伝4連覇の青山学院大を中心に展開されるでしょう。

しかし出雲駅伝は短距離レースでかつ平坦なコースが多いことから箱根駅伝とは違ったレース展開になるでしょう。

前回大会は東海大学が優勝しました。

青山学院大は王座奪還なるか?それとも東海大学が連覇を果たすのか?

それとも新たなチャンピオンが生まれるのか?

当サイトの予想は意外なところで優勝は東洋大学と予想します!

結果は分かり次第UPしますね!

出雲駅伝2018結果速報!

優勝は青山学院大学でした!東洋大学とのラスト6区の競り合いは見所でしたね!

トップ3のタイムと詳細順位は次の通りです!

第30回2018出雲駅伝結果

1位青山学院大学(2:11:58)
2位東洋大学(2:12:10)
3位東海大学(2:13:31)
4位拓殖大学
5位帝京大学
6位中央学院大学
7位立命館大学
8位城西大学
9位日本体育大学
10位早稲田大学
11位アイビーリーグ選抜
12位法政大学
13位京都産業大学
14位皇學館大学
15位日本文理大学
16位札幌学院大学
17位大阪経済大学
18位北信越学連選抜
19位札幌国際大学
20位広島経済大学
21位東北学連選抜 

全日本駅伝も期待しましょう。