話題の映画

KANO1931海の向こうの甲子園の無料動画視聴方法!評価や見所は?

top main2 - KANO1931海の向こうの甲子園の無料動画視聴方法!評価や見所は?

映画やドラマでは、恋愛・バラエティ・アクションなど様々なジャンルがありますよね。

その中の一つにスポーツを題材にした映画やドラマもたくさんあります。

スポーツを題材にした作品は、感動を与えてくれるものが多くとても人気のジャンルですよね。

台湾映画「KANO 1931海の向こうの甲子園」も人気の作品です。

あらすじや見どころなどご紹介していきますね。

ちなみに2019年1月21日の地上波放送を見逃してしまった!という方は31日間無料のU-NEXTで見放題作品となっていますので、無料で視聴することができます。

ぜひこの機会にお試し登録して無料で視聴してみてください↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
KANO1931海の向こうの甲子園を見る

作品について

1931年に行われた甲子園で、台湾の学校が出場し準優勝に輝きました。

その事実を元に台湾で制作された映画で、2014年に公開されました。

2014年3月7日に行われた第9回「大阪アジアン映画祭」で、台湾以外の国で上映され、観客賞を受賞しています。

台湾で制作された映画ですが、甲子園を描いた作品なのでセリフはほとんど日本語となっています。

日本では2015年1月24日に公開されました。

キャスト

・野球部監督 近藤兵太郎役 永瀬正敏

・野球部部長 濱田次箕役 吉岡そんれい

野球部部員

・呉明捷(ご めいしょう)役 ツァオ・ヨウニン

・蘇 正生(そ しょうせい)役 チェ・ジンホン

・平野保郎役 チャン・ホンイー

・上松耕一役 ジョン・ヤンチェン

・真山卯一役 シェ・ジュンジェ

・小里初雄役 大倉裕真

・川原信男役 飯田のえる

・劉蒼麟役 チェン・ヨンシン

・崎山敏雄役 チョウ・シュンハオ

・大江光夫役 チェン・ビンホン

・呉波(ご は)(呉昌征)役 ウェイ・チーアン

台湾映画なので、野球部員はほとんど台湾の役者が演じていますが、監督は日本でも知名度のある永瀬正敏が演じています。

あらすじ

あらすじ

嘉義農林学校の野球部は、試合で1勝もしたことのない弱小チームだった。

そんな嘉義農林学校野球部の新監督として、近藤兵太郎が赴任する。

近藤兵太郎は日本人だけを贔屓することなく、それぞれの特徴を考えバランスよくポジションを組んだ。

近藤兵太郎のスパルタ訓練の影響で、部員たちは甲子園を目指すようになり、1931年に見事甲子園に出場する。

見どころ

呉明捷役のツァオ・ヨウニンは、18歳以下が出場できる野球のワールドカップに、台湾代表として高校生の時に選抜されました。

そんなツァオ・ヨウニンの、本物の野球プレイは必見です。

本物の甲子園を見ているような、迫力のある試合のシーンも見どころです。

SNSでの評判は?

SNSでの口コミを見てみると、見てほしいとおすすめしていたり、感動している口コミがたくさんありました。

まとめ

「KANO 1931海の向こうの甲子園」について、ご紹介しました。

この作品では野球だけでなく昔の人種差別問題など、様々な事柄が描かれています。

実話を映画にした作品なので、そう考えるとさらに興味深いのではないでしょうか?

気になる方はチェックしてみて下さい。

ちなみに2019年1月21日の地上波放送を見逃してしまった!という方は31日間無料のU-NEXTで見放題作品となっていますので、無料で視聴することができます。

ぜひこの機会にお試し登録して無料で視聴してみてください↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
KANO1931海の向こうの甲子園を見る