2019年4月期ドラマ

ラジエーションハウス放射線技師の年収や仕事内容は?ロケ地や目撃情報!

67509b0cea0a2a059781007a9c8dbeb7 1120x720 - ラジエーションハウス放射線技師の年収や仕事内容は?ロケ地や目撃情報!

フジ月9の春ドラマ「ラジエーションハウス」放送開始まであとわずかですね!

ドラマ「ラジエーションハウス」の原作については、既にたくさん情報が出ていますので、異色の医療マンガということはよく知られていますね。

今回はこのドラマのロケ地病院や、主演の窪田正孝が演じる放射線技師などに焦点を当てて、見ていきたいと思います!

「ラジエーションハウス」の人間関係

「ラジエーションハウス」の原作は、雑誌グランドジャンプで連載中の人気マンガですね。

横幕智裕原作、モリタイシ作画で、コミックスは6巻まで発売されています。

ドラマの公式HPでも登場人物の相関図と第1話のあらすじが発表されましたね。

「ラジエーションハウス」第1話あらすじ

甘春総合病院に初出勤の日、バス運転手の異変に気づいた五十嵐唯織(窪田正孝)は、血管造影ができる病院への搬送を指示。
甘春総合病院で受け入れたのは救急担当の辻村駿太郎(鈴木伸之)だった。
唯織は、バスの一件で遅刻しながらも、遂に幼なじみだった甘春杏医師(本田翼)と再会を果たす。
ところが杏は、唯織のことなどまったく覚えておらず、ショックを受ける。

 

普通の医療ドラマと違うのは、人間関係からも見てとることができます。

いわゆる「白い巨塔」系や「ドクターX」のような病院内の上下関係や縦社会については描かれない雰囲気ですよね。

これは、ドラマの舞台が私立の総合病院で、放射線科を重視していた前院長が、本田翼演じるヒロイン甘春杏の父だったというところに由来しています。

“縁の下のヒーロー”といえる放射線技師や放射線科医たちの対立や活躍を描き、医療マンガとしても新機軸なんですよね。

主人公・五十嵐唯織は、そんな普通よりはフランクな職場に、さらに新風を吹き込むマルチな存在になります。

何しろ、技師と医師という資格の垣根も突破してしまうのです!

「ラジエーションハウス」の放射線技師ってどんなお仕事?

放射線技師とは

正確には「診療放射線技師」といい、主として放射線を用いた各種画像検査のための撮影を行います。

装置の習熟も大切な仕事で、正常に働くように整備や管理を行います。

診療放射線技師は専門学校や大学の診療放射線学を3年以上修め、国家試験に合格した医療技術者です。

日本放射線技術学会に所属している1.7万人ほどの技師たちは、主として大病院のスタッフになることが多く、他には放射線を扱う検査研究機関への勤務が考えられます。

放射線技師の年収は平均503万円(平成29年度調査)で、350~550万円くらいを変動しています。

そもそも放射線技師全体の平均年齢が38.1歳と若いので、若干年収も低い数字になっているんですね。

ちなみに平均年齢は下がる傾向にあるとのこと、ドラマ「ラジエーションハウス」で、さらに若手が増えるかもしれませんね!

診療放射線技師の業務

・一般撮影検査(エックス線検査)
:骨格や臓器を透過するエックス線を利用して身体内部の様子を撮影する

・CT(Computed Tomography):コンピュータ断層撮影
:エックス線を照射してコンピュータに取り込み、身体の断面を表示させる

・マンモグラフィー:乳房のエックス線撮影
:乳がんの石灰化した状態を発見する

・PET(Positron Emission Tomography)
:放射性薬剤を投与し、ガン細胞に印をつける

・放射線治療:高エネルギーの放射線を用いて、腫瘍細胞を死滅させる

・MRI(磁気共鳴画像法)や超音波検査など放射線を利用しない検査

並べてみてみると「検査」・「撮影」が仕事の中心で、「診断」はやはり業務外、あるいは越権行為なんですね。

ドラマ内でもあくまで医師免許を持っている五十嵐唯織だからこそ見逃してもらえる「診断補助」ということになります。

放射線技師と放射線科医

実際に患者と向き合い、画像「診断」と放射線「治療」を行うのが放射線科医」です。

日本医学放射線学会には約6700名が登録しています(2017年現在)が、これはアメリカと比較すると医師全体に対し低い比率で貴重なんですね。

放射線診断専門医、放射線治療専門医などから構成される放射線科医は、診療放射線技師、放射線科看護師のチームを束ねる立場にあります。

また、医師免許を手にしてから5年の研修を積まないと専門試験を受けられないので、最年少でも30歳越えということになりますね。

医師免許を持っていないのが普通の放射線技師とは「長さ」という点ではキャリアがリードしていることになります。

また医師の資格もあるので、30代でも年収1000万円越えは普通のようです。

ただ、画像を読み取ることをメインに考えると、機材の扱いや撮影に関しては技師の能力に頼っているとも言えますね。

「ラジエーションハウス」のロケ地病院はどこ?

「ラジエーションハウス」のロケ先の病院は埼玉県の指扇病院ですね。

主役・五十嵐唯織役の窪田正孝や、辻村駿太郎医師役の鈴木伸之が目撃されているようです。

もう一つの根拠としては、鈴木伸之のブログで「クランクアップ」として掲載されている写真の病院の外観が、指扇病院と似ているんですね。

この病院は、ドラマ「ブラックペアン」でもロケ地に選ばれました。

ただ、公式Twitterに載っている病院の受付の雰囲気は指扇病院とは違うので、複数の病院が「ラジエーションハウス」のロケ地になっている可能性もあります。

 

View this post on Instagram

 

#さいたま #指扇病院 #新館 #ブラックぺアン たまたまお祖母ちゃん 入院中でしった。

川島和子さん(@chuandaohezi2)がシェアした投稿 –

★指扇病院
http://sashiogi.com/
〒331-0074 埼玉県さいたま市西区宝来1295-1

 

「ラジエーションハウス」に似ているドラマは?

放射線技師にスポットライトを当てたドラマは今までなかったんですよね。

ですから似ているドラマ、というと少し難しいのですが…。

山崎賢人主演の医療ドラマ「グッド・ドクター」(2018年、フジテレビ系)は、画像診断についての話が出てきたり、上下関係ではない病院内の悩みが登場したりするので、雰囲気が似ているといえます。

主人公に「天才」の形容詞がつくあたりも類似点ですね。

また、オープニングの展開の仕方にも、少し似ているところがあります。

「グッド・ドクター」はFODで配信されています。

まとめ

平成最後の、そして令和最初の月9として期待される「ラジエーションハウス」。

放射線技師をピックアップすることで、新しいタイプの医療ドラマ、そして最先端技術が描かれるということがわかります。

また、権力闘争を描くことに時間を割かれるようなドラマではないこともいいですね。

ドラマ「ラジエーションハウス」は、2019年4月8日夜9時より、初回は30分延長でスタートです!